もうすぐ春ですね

staff

In Posted

こんにちは、院長の阿部哲夫です。
3月になりました。コロナコロナでイベントもなく季節感が失われてしまっている昨今ですが、もう3月です。温暖化のせいか、花見の見ごろは3月末にシフトしています。今年も花見の宴は催すことができそうもありません。毎日食事時のビール一杯の酒量にとどめていたらすっかり酒に弱くなってしまいました。コロナが収束して日常が取り戻せても、以前の様には飲めないかもしれません。一方オミクロン株は弱毒化しているとはいえ、毎日多くの方がなくなっているとの報道もあり油断できません。

冬季オリンピックが終わり、ニュースが落ち着くかと思いきや、ロシアのウクライナ侵攻のニュースです。個人レベルの争いでも暴力による解決などは過去のことと思っていましたが、国同士の争いを暴力でしかも殺し合いで解決するといった方法がこの21世紀にまかり通るとは驚きです。プーチンをはじめとするロシアの民度の低さを世界に知らしめているようで残念です。1000年前の大河ドラマの時代と人類は何も変わっていないと実感します。(調べてみたら鎌倉初期は、暗殺と殺し合いの連続だったのですね。将軍だけではなく、13人の御家人の間でも殺しあいがあり、何人も殺されたり一族が滅ぼされたりしていると知って驚きました。仲間内で殺しあうなど、まるで連合赤軍あさま山荘事件さながらです。)人殺しはいけないというのは自明の理だと思っていましたが、国同士の争いであれば、人殺しを指示しても何も罪に問われないのが不思議でなりません。

話が暗くなるので、話題を変えます。最近「丁寧な暮らし」という言葉を耳にしました。日々のルーティーンをきちんとこなしこだわった物を大事に使い、無駄なものは所有しないといった生活だそうです。これまで、暴飲暴食や無駄使い部屋も散らかし勝ちといった丁寧な生活とは程遠い生活を送ってきた私からすると、かなりハードルが高そうですが、おもしろそうだなと思いました。スナック菓子を食べながらユーチューブを見てだらだらと過ごすのではなく、手間をかけて食事を作り本を読んだり音楽を聴きながら静かに過ごしたり思索したりする。観光もディズニーランドや安易な観光地に行くのではなく、自然に触れるだけを目的に旅をする。すぐには実践はできないかもしれませんが、そんな生活もいいなと思うようになってきました。コロナ禍で、これまでの安易な娯楽を享受できなくなったせいもありますが、価値観を変えればこうした生活にも楽しみを見つけられるのではないかとひそかに構想を練っています。

手始めには折りたたみ自転車を購入しようと思っています。折りたたみ自転車と車や電車での移動を組み合わせるといろいろな場所でのサイクリングが楽しめます。いけるところまで自転車で行って、疲れたら電車で帰ってくる。目的地近くまで車で行って、現地でサイクリングを楽しみ車で帰宅する。さまざまな自転車の楽しみ方ができそうです。こうした趣味をすでにお持ちの方にすると特別目新しいものではないかもしれませんが、コロナでこれまでの趣味があまり楽しめなくなっているので、折りたたみ自転車を新たな趣味として出来ればと思っています。自転車をつかえば丁寧な観光地巡りができるのではと期待してます。いまはまだ構想の段階ですが、半年1年後には実践記をここで披露できればと思っています。3日坊主で終わってしまうかもしれませんが、温かく見守っていただければと思います。

2月から奥住先生、3月からは松本先生と新しい先生方が着任します。また、事務受付にも内田さんが入職します。これからもあべクリニックは丁寧な運営をこころがけていきたいと思っています。