あべクリニックブログ、更新しました。

staff

In news Posted

こんにちは、院長の阿部哲夫です。

気が付いたら9月になっていました。今年はコロナ禍に振り回され、夏を満喫する間もなく秋になっていました。まだまだ残暑が厳しいですが、何か暑さの中にも秋の気配を感じます。毎朝の散歩はまだ継続できているので、これからの季節は楽しみです。

最近の話題は何と言っても安部総理の辞任でしょう。潰瘍性大腸炎が再発したために辞任されたということです。月並みですが健康が第一ということだと思います。仕事がハードであればあるほど、健康がなければ続けられません。幸いわたくしは開業以来一日も休んだことはありません。数年前にちょっとした大病をしたこともありましたが、そのときはたまたま休暇を取っていたために、休診をしなくても済みました。これだけは自慢できるかもしれません。運だけはいいようです。

いまは、コロナのためもあり、健康に対する関心は高まっています。しかし、コロナの自粛のため、家に閉じこもっていると楽しみは食べることだけです。そのせいもあって、太ってしまいました。このコロナ禍になってから、スポーツクラブや公立の運動施設が閉鎖となり運動量も減り、太ったという方は多いのではないでしょうか?このため、わたくしは、体重計と血圧計を購入し毎日朝晩測ることにしました。体重計も血圧計も、スマホのアプリと連動する最新式です。このアプリは便利で、毎日測定するだけで、数値を記録しグラフを作成してくれます。

血圧も毎日測定すると、異常値を示すときの生活習慣がだんだんわかるようになりました。例えば、飲酒しているときは一時的に血圧は下がるけどその後はむしろ血圧が上がる、などです。また、毎日体重を測ると思うと、自然と暴飲暴食は控えるようになりました。当初は、まったく体重は減ることがなく、「まあ、増えなければいいや」と気楽に測定を続けていました。測定も体重計に乗るだけ、血圧も測るだけなので、スマホに記録されると思うと面白さもあり、記録を継続することができました。この間は、とくに食事制限などはせず、少し飲酒量が減っただけで特別なことはしていませんでした。

すると、1か月もしたころから急に体重が減り始めました。この間、多少散歩や水泳など運動量が多い傾向はありましたが、極端な運動や食事制限はしていません。それでも、自然と体重が減り始めたのです。とはいえ2㎏程度の微々たるものですが、これまでなにをやっても体重が増える一方で減ることなどなかったので、私にとっては画期的なことです。

振り返ってみると、朝の散歩の継続と体重測定とその記録の継続がよかったのではないかと思っています。継続できたのは、いずれも簡単で努力を要しなかったことがポイントです。努力とか忍耐は、継続にとっては大きな障壁です。なるべくハードルを低くして継続すること、やはり「継続は力なり」であると実感しました。

まだまだ、暑い日が続き、コロナの感染者も減ってきているとはいえかなりの数です。皆さんも、この機会になにか継続できる健康にいいことを始めてはいかかでしょうか?わたくしも、来月には体重が更に1㎏減ったと報告できればいいなと思っています。