あべクリニックブログ、更新しました。

staff

In news Posted

非常事態宣言が明けました

非常事態宣言がようやく明けました。新規感染 者は減ってきているようですが、あまり手放しでは喜べません。専門家は年末にかけて第6波の襲来を予想しています。これからも油断をせずに従来通りの感染対策を実施していこうと思っています。

世間の話題は、自民党の新総裁ですね。私の同級生に、岸田新総裁と小学校の同級生だった友人がいます。ということは、岸田新総裁は私と同じ年ということです。その当時の岸田総裁のエピ ソードも聞きましたが、それは内緒です。64歳というと一般的には定年を過ぎ、セミリタイヤしてい る方もいる年齢です。それを考えると、これから 一国の首相となり国のかじ取りを担うという重責 を背負う気概には感心します。しかし、その一方 でさらに上の年齢の自民党の重鎮という方々が陰で権力闘争を繰り広げていると思うと、権力への 執着は年をとるにしたがって増していくものなの かもしれません。最近は、総裁選挙でのこうした 激しい権力闘争を見るのは久しぶりだったので、 今更ながら政治の世界は恐ろしいと実感しました。

それに引き換え最近のあべクリニックは、穏や かに時間が過ぎています。もちろん、患者さんの 病状には好不調もあり、その点では穏やかとは言 えませんが、そういったことを除けば、大きな変化がなかったと思います。4月に訪問看護ステー ションの立ち上げや5月にはyanaka753の開店と多 忙でしたが、そのころに比べると6月以降はコロナ 禍の第5波はあったものの比較的平穏で、コロナ禍 が落ち着けばしばらく診療に専念できると思って いました。 しかし、なかなか穏やかな時間は続かないもの です。実は8月中旬から9月にかけて当院は、ある プロジェクトのために翻弄されていました。その プロジェクトとは、8月末で閉院となったとある診 療所のデイケアの患者さんとスタッフを受け入れ ることを決めたことです。当初、一本の電話から 始まったこのプロジェクトのため、患者さんの受 け入れ準備やデイケア施設基準の見直し、新たな プログラムスペースの確保などのためにスタッフ が一丸となって対応してきました。其の甲斐あって ようやく、患者さんの受け入れも徐々に進行し、 種々の手続きも完了しそうな目処が立ってきまし た。11月には新しいスタッフも着任し、当院のデ イケアはこれまで以上に充実が期待できると思い ます。新しいスタッフはクリニックに3名、作業所 に1名入職しますが、いずれも前職で10年以上にわ たり精神科デイケアの運営を担ってきた経験豊富 な人材です。当院ではこれまで比較的経験の浅い 人材を院内で教育育成するという方針をとってき ましたが、これほど経験豊富な即戦力の人材がし かも一度に入職することは初めての経験です。新 しいスタッフの経験と当院のこれまでの活動が融 合すれば、その相乗作用が期待できると思ってい ます。11月以降徐々にあべクリニック(特にデイ ケア)の活動が変わっていくことを期待していた だければと思います。 わたくし自身、同年齢の岸田新総裁に負けぬように適材適所を心掛け、あべクリニック での診療や地域精神科医療において新しい試みに 更にチャレンジしていきたいと思っています。