‘管理人のつぶやき’ カテゴリーのアーカイブ

餅つき

2018年1月1日 月曜日

正月といえば、餅は欠かせないものですね。わたしはある時期、年末になると、もち米を炊くところからついて食べるところまで行う、餅つき行事に参加していました。餅つきといえば、杵で餅をつく工程が一番楽しく華やかですが、わたしはそのつく作業がとても下手でした。皆の失笑を買いながら、一応縁起物ということでつかせてもらっていました。しかし、人には得手不得手があるものです。餅を返す作業だけは上手にできたのです。今年も皆さんに良き合いの手を入れられるように、頑張ります。

a0007_002768

FunFun祭

2017年12月4日 月曜日

秋から冬に移りかわってきていることを感じます。先日、デイケアにて文化祭の位置付けであるFunFun祭りが行われました。1年間のメンバーさんの取り組みについて発表する場で、制作物の展示部門と歌や手話などのパフォーマンス部門に分かれます。作品も発表内容も個人、グループ問わず精神的な機微やうごきがあらわれていたと思います。
私はイメージ的なものをあまり感じ取る能力や作り出す能力がある方ではないのですが、つくられるものには作り手のなんらかのメッセージやイメージが反映されるものだと感じました。

メジャー感ハンパなし

2017年11月14日 火曜日

宮崎駿監督が先日、新作アニメで『君たちはどう生きるか』というタイトルを使うことを発表したことで、その原著となる本が話題を集め、本作、漫画が爆発的に売れています。かくいう私もその流れにのり、漫画を購入してしまいました。本屋に行っても在庫切れで、ネット注文となり、読み始めています。ざっと斜め読みの書評というのも問題がありますが、明らかに名著で、漫画の割に活字部分が多く、読み応え十分です。この秋は何かとメジャーどころとの縁の深さを感じております。

グルメサイトの再検証

2017年10月10日 火曜日

数年前からネット上でグルメサイトが流行しています。飲食店の口コミによる評価が簡単に検索できるようになりました。私もあるグルメサイトの評価をひとつの判断基準に飲食店を選ぶことがありますが、点数と合致していない印象を受けることがあります。もちろん問答無用で他のお店よりも美味しさ、サービスなどが良い飲食店もあります。

評価のアルゴリズムがグルメサイト各社あり公平性などをうたってはいるようですが、私が使っているサイトはエスニック系や専門の料理を提供するお店であったり、サービスやメニューが多少落ちていても写真映えするような料理があるなど目を引くものがあったりすると点数が高く表示されているように思います。

最近は点数だけでなく、お店の雰囲気を壊さずに大事に守っているところや店員の方の心遣いなどに惹かれてお店選びをします。店主の考え方やしつらえの意味など通うことで見えてくるところもあるので、その辺りを楽しんでいる今日この頃です。

アカハライモリ

2017年9月12日 火曜日

現在わが家は、生き物が増える現象に悩まされております。猫が2匹増え、4匹。カブトムシは世代交代をむかえ、幼虫を14匹確認。そして初の両性類、「アカハライモリ」が1匹加わりました。アカハライモリは日本の固有種で、単にイモリと呼ぶ場合、この種を指すことが多いそうです。再生能力の高さと、ちょっぴり毒があるところもチャーミングな生き物です。意外と長生きで20年くらい生きるようですので、長い付き合いになりそうですが、毒にやられないようにしながら、大切にしたいと思います。

IMG_9492

種ができるまで

2017年8月8日 火曜日

梅雨明けと同時期から比較的涼しい日が続き、ゴルフボール程度の大きさの雹が降ってきた日もありました。今月に入ってからはまた蒸し暑いですね。
私ごとですが娘が就学し、授業の一環で朝顔を育てています。その鉢を夏休みになり持ち帰ってきたのですが、課題の一つとして種の収穫があります。私自身も小学校の頃同じように植物を育てたことを思い返し、水やりや花の絵を描いたことはすぐに思い出せました。
種の収穫についてはなかなか思い出せませんでしたので、種子ができる場所やその過程についてよく観察しています。自然現象の過程を改めて見てみるといろいろな想いが湧いてきました。

FullSizeRender

神の一手

2017年7月15日 土曜日

これまで編集後記にて、誰にも望まれていない将棋の話題を続けてきた私、梅津ですが、これほどまでに世間に将棋の話題が出る毎日があろうとは夢にも思いませんでした。藤井新四段の連勝記録が世間を驚かせていますが、本当にありえない連勝で信じがたいものがあります。将棋の場合は運が介入しにくい勝負ですので、実力が凄まじいとしか言いようがありません。棋譜を見ても、その読み深さ、正確さは類稀なものですが、一点だけ足りないものがあります。それは指手の美しさですが、たとえば、羽生善治という神様が指す驚愕の一手、この美しさにも注目していただきたいと思う昨今です。

ハンドスピナー

2017年6月12日 月曜日

IMG_5049

先日リワークデイケアの利用者の方が、集中力が落ちた時に試したものがあると聞きました。「ハンドスピナー」というくるくると回るおもちゃです。ベアリングがついていて思った以上に回転します。指の先や手のひらでまわしていると、回転している感覚が伝わってきて不思議な感じです。ジャイロ感というそうですが、なんとなく気分転換になります。アメリカなどでは流行っていて、日本でもじわじわ知られるようになっています。実際に購入して試してみようかなと思っています。

コードレス・イヤフォン

2017年5月15日 月曜日

最近、通勤時間にスマートフォンで音楽や語学学習をすることにハマっています。語学は、意味をしっかりわかっていなくとも良い気分転換になります。音楽だと考え事をするには邪魔になることもあるので、ちょうどいいのです。イヤフォンは近頃流行りのコードレスのものを使っていますが、昔に比べて接続がずいぶんスムーズになりました。といっても満員電車だと途切れるのが気にかかります。結局は有線に戻りそうになりながら、行ったり来たりを繰り返す日々です。もう少し技術改善が欲しいところです。

翻訳機

2017年4月7日 金曜日

英語の論文を読む機会がありました。翻訳ソフトを使用した方が効率的なこともあるのかと試してみました。以前はとんちんかんな和訳が表示されたことがありましたが、最近は翻訳の精度が比較的上がっているように思います。多くの言語に対応してきていて、今後使い方によっては様々な文化、知見に触れられそうです。

スマートフォンの翻訳アプリや翻訳機が多く発売されています。音声認識のほうは非常に精度があがっているように思いました。近い未来コンニャクの形をした翻訳機が発売されるのでしょうね。皆さんも試してみてはどうでしょうか。

時事ネタ

2017年3月7日 火曜日

日頃から、時事ネタに弱い自分を感じます。情報はラジオか新聞か、あるいはインターネットから得ますが、どのメディアも一長一短です。インターネットから得る情報が圧倒的に多いのですが、不思議と印象に残らないことが多いです。ラジオは、独特の温かさがありますし、新聞は、開いたときのあの匂いのせいか、頭にいつまでも残るような情報を与えてくれます。テレビは歳のせいか、やや暴力的に感じられ、だんだんと距離を置くようになってしました。そんなわけで、より時事ネタにうとくなっている私です。

フェイクニュース

2017年2月13日 月曜日

2月です。すでに三寒四温がはじまっているように感じます。

「フェイクニュース」なるものがあると騒がれています。アメリカ大統領選の際にお互いの候補に対して事実ではない汚点になるような噂や疑惑をニュースとしてインターネットサイトなどで配信し、それが投票行動や支持率に少なからず影響を与えたということで注目を浴びました。

内容は事実無根であったり、大きく誇張されたものであったりします。以前はゴシップ紙といわれる特定の雑誌や新聞などでは似たような事実から離れた内容も掲載されることもありましたが、読む側がゴシップだとわかって読むことがあるので、大きな問題もあるのでしょうが今ほどは騒がれていなかったと思います。

フェイクニュースは事実を確かめようがない噂話や読む側の感情を煽るような記事や映像で構成されていることもあり、考えや感情、行動も影響を受けてしまう人も少なくないようです。