2012年6月 のアーカイブ

また梅雨の季節がやってきました

2012年6月15日 金曜日

こんにちは。
院長の阿部哲夫です。

また梅雨がやってきました。私は毎年書いているのですが、苦手な季節です。入梅のニュースを聞いて、これから40日間我慢の日々が続くとブルーになりました。好きなテニスも雨だと中止だし、散歩や坪庭ガーデニングもままなりません。私の多くのストレス解消法が、不可能になりストレスがたまり体調を崩す時期です。雨を眺めながら音楽を聴きつつ思索にふけることぐらいしかできず、悶々としてしまいます。

(さらに…)

運動療法

2012年6月15日 金曜日

先月、今月号の院長のコラムで紹介があった運動療法について書きたいと思います。今月から毎週月曜日のナイトケアでリワークデイケアの方を対象に運動療法プログラムをスタートしました。身体疾患の既往歴の有無や現在の健康状態に関するアンケートと複数の医学的な検査を実施し、問題がないことをチェックしてから参加していただいています。

(さらに…)

茶の湯

2012年6月15日 金曜日

先月22日、デイケアでは「茶の湯」を開催しました。「茶の湯」とは茶道に関するプログラムです。一般的な茶道は敷居が高いイメージがあります。デイケアの「茶の湯」では、四季の移ろいを感じながらお茶をたしなむ機会を得るため、お茶に躊躇することなしにマナーや作法を学ぶことを目的として企画されました。

(さらに…)

月の裏側

2012年6月15日 金曜日

今年の春の天候は不安定な日が多かったように思います。午前中は晴れて暑くなったと思っていたら、午後には雷が鳴って大雨が降り気温が下がる日が何日もありました。おまけに場所によっては竜巻や雹まで観られました。

梅雨に入りましたね。自宅近くの広い空き地は草むらになっており、夜になると虫の鳴き声に加えて、カエルの鳴き声が聞こえてきています。

先月の21日に金環日食が観測されました。直接見ると眼を痛める危険性があるので専用のサングラスをして見た方が大多数でしょうか。私はサングラスを購入しなかったので空を見上げませんでしたが、午前だったにも関わらず夕方かのような明るさになって不思議な感覚になりました。

現代では日食の起こっている現象は天文学などで説明されていますが、その全容がはっきりとわからなかった時代はどうだったのでしょう。その頃を生きていたひとたちはどんな風にこの現象を説明したのかということに思いを馳せました。

日蝕に 満月の裏ぞ 見られける 正岡子規