About Daycare
デイケアってどんなところ?

こころの病気で治療中の方を対象にグループ活動を通して社会性を身に付けたり支え合っていく場所です。

どうしてデイケアに参加するの?

  • 友達をつくりたい
  • 生活のリズムを整えたい
  • 外出する機会をつくりたい
  • 楽しい時間を過ごしたい
  • 就労など、自立した生活をできる準備をしたい
  • こころの病気についての悩みを語り合いたい
  • 人とのコミュニケーションをうまくとれるようになりたい
  • 家族と離れてくつろぎたい
  • …などなど

どんなことをするの?

料理、スポーツ、ゲーム、手芸、散策、話し合い、フラワーアレンジメント、映画館での映画鑑賞や音楽鑑賞など、みんなで楽しめる活動をしています。 この他、季節ごとに花見、バスハイク、クリスマス会などのイベントもあります。また、昼食と夕食については給食のサービスがあります。
ブログでその様子を配信しています。

プログラムイラスト

院長から一言

デイケアは、単に「病気が改善したあと、社会復帰するまで精神的リハビリをするところ」と考えられがちですが、それだけではありません。
人が人と交流することはもっとも効果のある心の癒しになると思います。「落ち込みそうになったり、孤独を感じて不安になってもデイケアにきて仲間と会える」ということだけでも、気持ちが軽くなり、うつ状態にならずにすむとゆう声はよく聞きます。共に悩みを語り合ったり、一緒に活動する仲間がいるということは、予想以上に治療効果のあることです。
参加しているメンバーは、10歳代から60歳代と年齢も幅広く、病気の種類もさまざまです。「病気は回復しつつあるけど、まだ仕事をする自信がない」「仕事はできないけれど、家に閉じこもっているのは嫌」。このような方は、ぜひデイケアをのぞいてみて下さい。